2010年7月11日日曜日

遷子を読む(67)

遷子を読む(67)


・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井


雪晴れし山河の中に黒きわれ
    『山河』所収

中西:昭和48年作、一句飛んで、

雪嶺の稜骨くろく地にも雪

遷子の句で黒という色が出てきた俳句は珍しいです。今まで油絵で書いていたような景色だったものが、いつの間に、版画になっていて、ここに来てそれが顕著なものですから、驚いているというような感じがしています。

悪しきこと多かりし年惜しむかな

さらに3句先にあります。翌年入院するわけですから、体調は既に芳しくないのです。急に老いを感じているようにも思います。

掲出句のような版画のような線太な、タッチのざっくりした景色の表現は、知らず知らずのうちに気持ちのあり方を見せているとしたら、心はすでに病気に向っていたかもしれませんね。体の病は心に病も並存させると聞いたことがあります。

「黒きわれ」を病気と思わせるのは、後のことを知っているからであって、単純なイメージとしては、小さくて顔立ちさえもはっきり見えない、蟻のような存在。複数いる蟻に見分けがつかないように、自分も他の人間と見分けのつかない平凡な存在ということでしょうか。

ですが、一方で雪が晴れて景色が見えてきた中で、自分と言う存在を遷子はきちんと位置づけているとも考えられる句です。黒くて小さいかも知れないけれど、具合が良くない老いた自分だけれど、ここに確かにいるんだという存在は明確です。〈山河の中に〉が、〈山河に〉ではないところに、存在の確認を思います。

【原さんは今回休憩です】

深谷:中西さんの基調コメントを読んで、あらためて「黒きわれ」、とりわけなぜ「黒」なのかについて考えてみました。確かに「玄冬」に象徴されるように、黒は冬のイメージに近そうですが、何と言っても掲出句は雪晴れの句です。吹雪の後の雪晴れ、燦燦と陽光が降り注いでいる筈ですから、もっと明るい光景を思い浮かべます。表面的には、その陽光の下、自分の影の黒さが眼に映ったとも捉えられそうです。しかし、遷子は翌49年、

わが山河まだ見尽くさず花辛夷

と詠むなど、佐久の自然に対して一方ならぬ想い入れを示しています。その「山河」の中に自分という存在を置いた時、遷子の胸に去来した感慨が果たしてどのようなものだったのか。「黒」の鍵は、そこにあるような気がします。誤解を懼れずに言えば、「黒」は没個性、あるいは個人の否定に繋がるようなイメージがあります。やはり山河(自然、風土)の悠久性あるいは雄大さを前に、自分の存在を個性の乏しい小さな存在だと感じざるを得なかったのではないでしょうか。その意味で、中西さんが「蟻のような存在」と仰られたのは的確な指摘だと思います。一方で逆説的になりますが、だからこそ小さく没個性的な存在であっても、自分を「その山河の中で懸命に生きる者」として肯定的に捉えているのではないでしょうか。掲出句は、そうした遷子の意識、気概から生れた作品だと思います。中西さんの指摘された「存在の確認」を、もう一歩踏み込んで解してみました。深読みの謗りを受ける懸念なしとはしませんが、如何でしょうか。

仲:雪舟の水墨画でも見るような句ですね。私は以前雪野の中の自分が「汚点」のようだという句を作ったことがあり、この句も最初は大自然の中の小さな自分を表現したものと思っていました。しかし中西さんの評を読んで、言われてみれば遷子は「黒」という色に老いや病い(この時はまだ胃癌と分っていない訳ですが)の含みを持たせたのかもしれないとも思いました。

たまたまこの句には句集名と同じ「山河」という単語も出てきます。句集名の「山河」は当然彼が生まれ、生きている佐久の山河、つまり佐久の自然そのものを指すのでしょう。この句の「山河」もまた然りと思われます。雪晴ですから一面新雪で真っ白、美しくも気高い自然なのでしょう。そこに「われ」だけが黒い存在としてある。その卑小さ、薄汚さを自然の雄大さと対比することにより身にしみて感じているのです。山河の「中」と言ったところに中西さんは注目されておられますが、そう表現することで彼の存在自身が大自然に包まれている感じがよく出ていますし、このような小さくて「黒き」われをも包含してこそ自然は成り立っているとの考え方だと思われます。

筑紫:黒白の写真のような映像に見えます。リアリズムを描くには、天然色よりは黒白の方が適しているようです。ここでもその原則を適用しているのではないでしょうか。記憶にある映画を思い出すと、普通白には明るさと冷たさを感じさせるのですが、黒白映画に関してはあまり冷たさを感じさせず、明るさばかりが際立つように思えます。ここでもほとんど寒さは感じさせず、どうしようもない燦々とした陽光とそれに対比される人影を思い出します。特に山河を一望する視線の中では、ほとんど動くこともない影として刻まれるでしょう。

そうした中で、黒は邪悪とかネガティブな存在というより、科学的な吸光体としての黒であるような感じを受けます。発光体が生命力にあふれているとすれば、それによって生かされている存在としての我であるわけです。

文法的にはかなりいい加減な感じもします。「雪晴れし山河」なんて言いませんよね。「雪晴れ→晴れし山河」をくっつけて、五七五の中に無理やりに押し込んでゆく馬酔木風の詠み方でしょう。最後の「黒きわれ」も無理な表現のように思います。ただ、詠みたい中身があることだけは必死で伝わってくるようで、余計な言葉は一つもありません。世の中にメッセージ派と文法派があるとすれば遷子は明らかにメッセージ派です。

そしてメッセージを、主メッセージと副メッセージに分ければ、副メッセージに「雪晴れし」「黒きわれ」が当たり、「山河の中にわれ」が主メッセージに当たると思います。修飾だけ見ると奇怪な句のようにも見えますが、常識的な遷子の世界が出現するのです。それは決して悪いことではありませんでした。

--------------------------------------------------

■関連記事

はじめに・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔1〕 冬麗の微塵となりて去らんとす・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔2〕 冷え冷えとわがゐぬわが家思ふかな・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔3〕 銀婚を忘ぜし夫婦葡萄食ふ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔4〕 春の町他郷のごとしわが病めば・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔5〕 くろぐろと雪片ひと日空埋む・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔6〕 筒鳥に涙あふれて失語症・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 読む

遷子を読む〔7〕 昼の虫しづかに雲の動きをり/晩霜におびえて星の瞬けり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔8〕 寒うらら税を納めて何残りし・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔9〕 戻り来しわが家も黴のにほふなり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔10〕 農婦病むまはり夏蠶が桑はむも・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔11〕 汗の往診幾千なさば業果てむ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔12〕 雛の眼のいづこを見つつ流さるる・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔13〕 山河また一年経たり田を植うる・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔14〕 鏡見て別のわれ見る寒さかな・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔15〕寒星の眞只中にいま息す・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔16〕病者とわれ悩みを異にして暑し・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔17〕梅雨めくや人に真青き旅路あり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔18〕老い父に日は長からむ日短か・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔19〕田植見てまた田植見て一人旅・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔20〕空澄みてまんさく咲くや雪の上・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔21〕薫風に人死す忘れらるるため・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔22〕山の虫なべて出て舞ふ秋日和・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔23〕百姓は地を剰さざる黍の風・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔24〕雪降るや経文不明ありがたし・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔25〕山深く花野はありて人はゐず ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔26〕星たちの深夜のうたげ道凍り ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔27〕畦塗りにどこかの町の昼花火・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔28〕高空は疾き風らしも花林檎・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔29〕暮の町老後に読まむ書をもとむ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔30〕山の雪俄かに近し菜を洗ふ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔31〕一本の木蔭に群れて汗拭ふ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔32〕ストーヴや革命を怖れ保守を憎み・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔33〕雪山のどの墓もどの墓も村へ向く・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔34〕幾度ぞ君に清瀬の椿どき・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔35〕わが山河まだ見尽さず花辛夷・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔36〕霧氷咲き町の空なる太初の日・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔37〕霧木枯に星斗爛■たり憎む (■=火偏に干)・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔38〕萬象に影をゆるさず日の盛・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔38〕-2 特別編 遷子はいかにして開業医となったのか・・・仲寒蝉 →読む遷子を読む〔39〕大雪のわが掻きし道人通る・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む(39)-2 特別編2 「遷子を読む」を読んで(上)・・・堀本吟・仲寒蝉・筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔40〕夕涼や生き物飼はず花作らず・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む(40)-2 特別編3 「遷子を読む」を読んで(中)・・・堀本吟・仲寒蝉・筑紫磐井 →読む

遷子を読む(39)-3 特別編4 「遷子を読む」を読んで(下)・・・堀本吟・仲寒蝉・筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔41〕しづけさに山蟻われを噛みにけり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔42〕凍る夜の死者を診て来し顔洗ふ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔43〕瀧をささげ那智の山々鬱蒼たり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔44〕癌病めばもの見ゆる筈夕がすみ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、窪田英治、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔45〕秋風よ人に媚びたるわが言よ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔46〕卒中死田植の手足冷えしまま・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井 →読む

遷子を読む〔47〕蒼天下冬咲く花は佐久になし・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔48〕高空の無より生れて春の雲・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔49〕隙間風殺さぬのみの老婆あり・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔50〕燕来て八ヶ岳(やつ)北壁も斑雪なす・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔51〕凍りけり疎林に散りし夕焼も・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔52〕家を出て夜寒の医師となりゆくも・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔53〕かく多き人の情に泣く師走・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔54〕忽ちに雑言飛ぶや冷奴 ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔55〕障子貼るかたへ瀕死の癌患者・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔56〕自転車に夜の雪冒す誰がため・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔57〕信濃びと我に信濃の涼風よ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井  →読む

遷子を読む〔58〕母病めり祭の中に若き母・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔59〕酷寒に死して吹雪に葬らる・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔60〕患者来ず四周稲刈る音聞こゆ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔61〕ただひとつ待つことありて暑に堪ふる・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔62〕雪嶺に地は大霜をもて応ふ・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔63〕葦切や午前むなしく午後むなしく・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔64〕炎天のどこかほつれし祭あと・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔65〕ちかぢかと命を燃やす寒の星・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む

遷子を読む〔66〕わが病わが診て重し梅雨の薔薇・・・中西夕紀、原雅子、深谷義紀、仲寒蝉、筑紫磐井   →読む


-------------------------------------------------

■関連書籍を以下より購入できます。


5 件のコメント:

さんのコメント...

いよいよおわりが近くなりましたね。
中西さんのこういう見方がすきです。

一方で雪が晴れて景色が見えてきた中で、自分と言う存在を遷子はきちんと位置づけているとも考えられる句です。/ここに確かにいるんだという存在は明確です。〈山河の中に〉が、〈山河に〉ではないところに、存在の確認を思います。

どのように読んでもそんなに読み違えがないとおもいます。?・あんまりふかく「黒」にこだわってp、ぴいれをすることもない様な気がします。雪の中の、人間は、黒っぽい冬服を着ていると、そうみえますから。自分を度のようにでも考えられる「黒い点」のようになかば抽象的に詠みこめたところが手柄です。いい風景だな、と思いました。

さんのコメント...

入力ミスです。失礼しました。
「p、ぴいれ」 → 「思い入れ」

島田牙城 さんのコメント...

お手数をお掛けするのですが、
遷子を読む〔28〕高空は疾き風らしも花林檎
をクリックすると(27)が出てくるようです。
(28)を読むことは可能でしょうか。お調べ頂けると助かります。

島田牙城 さんのコメント...

解決しました。ごめんなさい。
リンクはおかしいようですが、
実際のその号ではちゃんと出ました。
失敬いたしました。

中村安伸 さんのコメント...

島田牙城さま

ご迷惑をおかけしました。
記事中の関連記事へのリンクをミスしていたようです。ご指摘ありがとうございました。
最新号からのリンクは訂正しました。
過去の記事も順次訂正いたします。